読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

n4k4mooのネガティブ日記

n4k4mooの日記です。ネガティブな内容が多いので注意。

雨上がりに山登りは危険

「雨上がりに山登りは危険」

まあもちろんそんなことはわかっているんですが、取材依頼した手前もあり行くことに。一年前に行ったことがあるので、途中まではさほど厳しくなく、後半のけもの道が厳しいのはわかっていました。

さすがに、けもの道はぬかるんでるから行かないだろうと思いきや、皆さんどんどん進んでいきます。え?行けるの?けもの道の道幅は足1〜2個程度で、脇は急勾配です。案の定、滑るすべる。一歩進むと重さで道が崩れて滑ります。滑りは止まることもあれば、全然止まらないこともあり、次の一歩に踏み込めません。山側に体重を倒しても同じ、とにかくつかまれるものを探して荷重を分散させながら、足場を保たないといけません。相当、体力を消耗します。

そして、尻もちをつくことも5回くらい、足首から派手にバランスを崩して、これ捻挫っぽいな?と思ったのが1回。しかし、足を横に曲げなければ痛まずいけそうだったので、頑張って進みます。途中、両手両足使っても滑ってすべって進むことができず、そうしたら後ろからスパイクのついた長靴の方が助けに来てくれました。スパイクすごい、私も支えることができるんです。本当に助かりました。

もう急斜面を適当に下って下山したいくらいの勢いでしたが、なんとかクリア。下山してからすぐに車で30分ほど休憩するくらい疲れました。昨年は大変な箇所は1箇所くらいだったので、それが今年は200メートルくらいでしょうか、もう地獄でした。

車の運転もなんなくこなし、帰宅して確認した足がこちら。

そうそう、バックしてる際にまさかの右後ろをガードレールにヒット。広いところでUターンしようとして、油断してまさかの。やはり右目が見えないのは危険ですね。左目で右ミラーも見なければいけないので、ホント気を付けないと。

足はどうでしょう、明日どれほど悪化してるのか。なんとか出社しなければですが。